アレルギー・ウイルスに負けない丈夫な体を作る

アトピーにならないようにするためにはどうすればよいでしょうか? または、アトピーが悪化したので、どうすればよいのでしょうか? という質問がありあmす。 その答えは簡単ではありません。 アトピーの経過や、過去の治療など、複雑な要因があるからで専門の医師に相談しなければ なりません。

生まれてくるこどもの2人に一人がアトピーや、喘息に悩む時代になってしまいました。 このようなアレルギー疾患にかからないようにするには、どうしたらよいのかということが 緊急課題になってきました。

最近の調査によると、アトピーや喘息にならない子供は兄弟の多い子供、 早くから託児所に預けているこども、農家で育ったこども、早くからイヌ、ネコと一緒にいるこどもでした。 つまり適度に不衛生な環境と粗食がアトピーや喘息などの発症を抑えていることがはっきりとわかってきたのです。

最近の親は子供を必要以上に大切にしています。ちょっと熱を出しただけで抗生物質を投与しています。 こどもたちの身を守っている細菌を抗菌グッズで弱らせています。 こんなことを過剰にすると、こどもが本来持っている免疫システムが正常に働かなくなるのです。

こどもが心と体に健康を取り戻すためには、最近や、ウイルスをはじめとするいろいろな異物との共生が 大切だと言われていています。 ともに生きるという気持ちが肉体的にも子供を強くするという考えです。

抗菌タイプのランドセル

最近では、アトピー性皮膚炎に苦しんでいる子供用に開発されたランドセルも販売されてるようになりました。

 
Copyright (C) FreeTmpl001 All Rights Reserved.